松坂慶子

menu

松坂慶子

松坂慶子は、東京都大田区出身の女優です。映画「大阪ハムレット」では、三人の兄弟とおっちゃんを一人で養うお母ちゃんの役を演じました。女優だけではなく歌手としても活動しており、自身の主演したドラマ「水中花」の主題歌「愛の水中花」は、様々なバラエティ番組やCMで替え歌として使用されるなどし話題となりました。

来歴

1952年7月20日生まれ。東京都大田区出身。小学2年の1960年、「くるみ児童合唱団」に入団します。中野区立第三中学では演劇部に所属。落語家の二代目快楽亭ブラックは中学時代の同級生であり、ともに演劇部に所属していました。中学3年の1967年に「劇団ひまわり」に入団し、同年幼児向けコメディ「忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウ」でテレビ初主演を果たしました。日本大学第二高校に進み、1969年、高校2年生の時、大映からスカウトされます。同年「ある女子校医の記録 続・妊娠」で女子高生の1人としてスクリーンデビューしました。1971年、映画「夜の診察室」で、主演予定だった渥美マリの降板により代役で映画初主演を果たしました。1972年に松竹へ移籍し、1975年に時代劇「江戸を斬る」に出演します。1978年の映画「事件」では清純派女優からの脱皮を果たします。翌1979年の映画「配達されない三通の手紙」でも体当たりの演技を見せ、トップ女優に踊り出ました。同年放映のテレビドラマ「水中花」に主演し、主題歌「愛の水中花」を歌うとともに、妖艶なバニーガール姿を披露し話題となりました。1980年代にも「青春の門」、「男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎」、「蒲田行進曲」、「人生劇場」、「火宅の人」などの映画や、テレビドラマでは「春の波濤」などの作品に立て続けに主演・出演しました。この頃には深作欣二監督の作品に多く出演しています。1990年、ジャズギタリストの高内春彦と結婚し、米国ニューヨークに移住。二女をもうけました。現在は東京に在住しています。2000年、東京電話のCMで大根を持った主婦をコミカルに演じ、新境地を拓きました。2002年にはなかにし礼原作・監修による写真集「さくら伝説-松坂慶子写真集」を発表。2005年には大塚食品が発売した「ボンカレークラシック」のパッケージキャラクターを、松山容子から引き継ぐなど主婦役を演じる機会が多くなりました。また同年秋にはドラマ「熟年離婚」に主演。渡哲也演じる夫に離婚を切り出し、新たな人生を歩みだす主婦役を演じました。さらに同年12月放映のバラエティ番組「ウリナリ芸能人社交ダンス部」では、ダイナミックな動きとキレのあるダンスを披露し、初出場ながら見事優勝を果たします。年齢を感じさせない美貌・体力を存分に発揮しました。2008年の映画「火垂るの墓」では親戚の子たちを虐める叔母役を演じていますが、「本来は優しい人物だと思っていたのに、最後まで悪い人物という描かれ方に違和感があり、一度はオファーを断った」ものの出演しました。本作の舞台挨拶では畠山彩奈から「松坂さんに怒られるシーンを撮影中、本気で泣いてしまった」と告白されるなど徹底した虐め役は、松坂にとっても新たな境地を拓く作品となりました。

出演作

映画

  • 1970年「高校生番長 深夜放送」
  • 1970年「高校生番長 ズベ公正統派」
  • 1971年「樹氷非歌」
  • 1971年「夜の診察室」
  • 1971年「遊び」
  • 1971年「陸軍落語兵」
  • 1972年「辻が花」
  • 1972年「黒の奔流」
  • 1973年「藍より青く」
  • 1973年「宮本武蔵」
  • 1973年「恋は放課後」
  • 1973年「野良犬」
  • 1973年「大事件だよ全員集合!!」
  • 1974年「ムツゴロウの結婚記」
  • 1974年「流れの譜 第一部:動乱 第二部:夜明け」
  • 1974年「狼よ落日を斬れ」
  • 1975年「港のヨーコ・ヨコハマ ヨコスカ」
  • 1975年「友情」
  • 1976年「撃たれる前に撃て!」
  • 1976年「忍術 猿飛佐助」
  • 1977年「恋人岬」
  • 1977年「坊っちゃん」
  • 1978年「ダブル・クラッチ」
  • 1978年「事件」
  • 1978年「雲霧仁左衛門」
  • 1979年「日蓮」
  • 1979年「配達されない三通の手紙」
  • 1980年「五番町夕霧楼」
  • 1980年「わるいやつら」
  • 1981年「青春の門」
  • 1981年「男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎」
  • 1982年「道頓堀川」
  • 1982年「未完の対局」
  • 1982年「蒲田行進曲」
  • 1983年「人生劇場」
  • 1983年「迷走地図」
  • 1983年「里見八犬伝」
  • 1984年「化粧」
  • 1984年「上海バンスキング」
  • 1984年「ねずみ小僧怪盗伝」
  • 1986年「火宅の人」
  • 1986年「必殺!Ⅲ裏か表か」
  • 1986年「波光きらめく果て」
  • 1986年「キネマの天地」
  • 1987年「自由な女神たち」
  • 1987年「女咲かせます」
  • 1988年「椿姫」
  • 1988年「華の乱」
  • 1989年「ウォータームーン」
  • 1990年「死の棘」
  • 1991年「グッバイ・ママ」
  • 1993年「男はつらいよ 寅次郎の縁談」
  • 1994年「女ざかり」
  • 1996年「新 居酒屋ゆうれい」
  • 1997年「天才えりちゃん金魚を食べた」
  • 1997年「虹をつかむ男 南国奮斗篇」
  • 1998年「卓球温泉」
  • 1998年「カンゾー先生」
  • 2000年「ピンチランナー」
  • 2000年「さくや妖怪伝」
  • 2000年「本日またまた休診なり」
  • 2002年「カタクリ家の幸福」
  • 2002年「さゞなみ」
  • 2003年「精霊流し」
  • 2004年「るにん」
  • 2004年「桃色 Colour Blossoms」
  • 2005年「埋もれ木」
  • 2005年「四日間の奇蹟」
  • 2006年「悪 WARU」
  • 2006年「不撓不屈」
  • 2006年「犬神家の一族」
  • 2006年「呉清源~極みの棋譜~」
  • 2007年「監督・ばんざい!」
  • 2007年「未来予想図~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~」
  • 2008年「火垂るの墓」
  • 2009年「大阪ハムレット」
  • 2009年「インスタント沼」
  • 2009年「ホノカアボーイ」
  • 2009年「黄金花 秘すれば花、死すれば蝶」
  • 2009年「釣りバカ日誌20 ファイナル」
  • 2010年「武士の家計簿」
  • 2010年「脇役物語」
  • 2011年「青い青い空」
  • 2012年「綱引いちゃった!」
  • 2012年「僕達急行 A列車で行こう」
  • 2013年「牙狼-GARO- ~蒼哭ノ魔竜~ -GARO SOUKOKU NO MARYU-」

ドラマ

  • 1967年「忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウ」
  • 1968年「ウルトラセブン」
  • 1971年「おくさまは18歳」
  • 1971年「おさな妻」
  • 1971年「女はつらいよ」
  • 1971年「なんたって18歳!」
  • 1972年「青春をつっ走れ」
  • 1972年「若い人」
  • 1972年「白い夏」
  • 1972年「鉄平と順子」
  • 1973年「国盗り物語」
  • 1973年「冬の貝殻」
  • 1973年「女のあしおと」
  • 1973年「母の初恋」
  • 1973年「愛のはじまるとき」
  • 1973年「思い橋」
  • 1973年「刑事くん」
  • 1973年「江戸を斬る 梓右近隠密帳」
  • 1974年「白い滑走路」
  • 1974年「春ひらく」
  • 1974年「阿蘇の女」
  • 1975年「座頭市物語」
  • 1975年「元禄太平記」
  • 1975年「水戸黄門」
  • 1975年「白い地平線」
  • 1975年「虹のエアポート」
  • 1975年「宮本武蔵」
  • 1975年「江戸を斬る」
  • 1976年「母の贈り物」
  • 1976年「私も燃えている」
  • 1976年「われは海の子」
  • 1976年「いごこち満点」
  • 1976年「白い涙」
  • 1976年「暖流」
  • 1977年「轢き逃げ」
  • 1977年「天北原野」
  • 1977年「白い波紋」
  • 1977年「今はバラ色が好き」
  • 1977年「青春の門」
  • 1978年「幸福の断章」
  • 1978年「自我の構図 愛と死」
  • 1978年「木枯らしの自画像」
  • 1978年「恋人たちの垣根」
  • 1979年「大空港」
  • 1979年「草燃える」
  • 1979年「赤穂浪士」
  • 1979年「水中花」
  • 1980年「雪国 純白の雪と湯煙りに燃える恋!」
  • 1980年「妻のまごころ」
  • 1980年「夜明けのタンゴ」
  • 1981年「関ヶ原」
  • 1981年「闇を斬れ」
  • 1981年「影の軍団Ⅱ」
  • 1981年「お命頂戴!」
  • 1981年「夜の花火」
  • 1982年「春の傑作推理劇場」
  • 1982年「大岡越前」
  • 1982年「斬り捨て御免!」
  • 1982年「夕映え天使」
  • 1982年「女相続人 億万長者のこの人が本当に私の父親なのか」
  • 1982年「つか版忠臣蔵」
  • 1983年「一千万人の中の孤独」
  • 1984年「流れ星佐吉」
  • 1984年「ふたりぼっち」
  • 1985年「春の波濤」
  • 1985年「花道は炎のごとく」
  • 1986年「椿探偵奮闘シリーズ 天女の涙」
  • 1987年「太閤記」
  • 1987年「サーカス村裏通り」
  • 1987年「長らえしとき」
  • 1987年「休暇は終った」
  • 1988年「桜子は微笑う ラストエンペラーに仕掛けられた妖しい女の罠」
  • 1988年「窓を開けますか?」
  • 1989年「こんどの日曜日」
  • 1989年「大忠臣蔵」
  • 1989年「花と家族」
  • 1989年「長崎異人館の女」
  • 1989年「歳月」
  • 1990年「クワタさんとマリ」
  • 1991年「神をにくんで人をにくまず」
  • 1991年「未来(ニライ)の海 リリー踊り子日記」
  • 1992年「愛のそば」
  • 1993年「家族の食卓'93」
  • 1993年「アガサ・クリスティーの『招かれざる客』」
  • 1993年「或る『小倉日記』伝」
  • 1993年「私に話しかけて・・・」
  • 1993年「サクラサク!おかあさんは女子大生」
  • 1995年「魔の季節」
  • 1996年「女にも七人の敵」
  • 1996年「スキップ」
  • 1997年「毛利元就」
  • 1999年「加賀百万石~母と子の戦国サバイバル~」
  • 1999年「怒る男 笑う女」
  • 2000年「ゲームの達人」
  • 2000年「恐妻家探偵の事件帖」
  • 2001年「介護ビジネス」
  • 2001年「聖徳太子」
  • 2001年「つま恋」
  • 2002年「太陽の季節」
  • 2002年「夏の日の恋~Summer Time~」
  • 2002年「パートタイム探偵」
  • 2003年「麻婆豆腐の女房」
  • 2003年「離婚旅行」
  • 2004年「乱歩R」
  • 2004年「人間の証明」
  • 2004年「マザー&ラヴァー」
  • 2004年「パートタイム探偵2」
  • 2004年「弟」
  • 2005年「義経」
  • 2005年「小悪魔な女になる方法」
  • 2005年「熟年離婚」
  • 2006年「キッチン・ウォーズ」
  • 2006年「二千人の孤児の母 澤田美喜物語」
  • 2007年「エラいところに嫁いでしまった!」
  • 2007年「忠臣蔵 瑤泉院の陰謀」
  • 2007年「マグロ」
  • 2007年「大女優殺人事件」
  • 2008年「篤姫」
  • 2009年「コンカツ・リカツ」
  • 2009年「結婚」
  • 2010年「咲くやこの花」
  • 2010年「宿命 1969-2010 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京」
  • 2010年「ゲゲゲの女房」
  • 2010年「夏の恋は虹色に輝く」
  • 2011年「マドンナ・ヴェルデ」
  • 2011年「居酒屋もへじ」
  • 2011年「隠密秘帖」
  • 2012年「キルトの家」
  • 2012年「浪花少年探偵団」
  • 2013年「ビブリア古書堂の事件手帖」
  • 2013年「極北ラプソディ」
  • 2013年「鴨、京都へ行く。-老舗旅館の女将日記-」
  • 2013年「長谷川町子物語~サザエさんが生まれた日~」
×